ひきこもり相談の中では不登校小学生は比較的少ない

ひきこもり 相談の中では、小学生は比較的少ないです。でも不登校はもう小学生で始まってきます。

かつては近隣や地域で対処されていたこと(共助)は、今では個人や家族で処理(自助)されるか、もしくは公に託される(公助)こととなりますね。

その結果は、家庭はますます外部に対して閉じていくわけです。これらの状況は、不登校 小学生やひきこもり成年の成長や自立を支える家庭の力を削ぎ落とすとともに、同時に彼らが家に閉じこもることを促進する条件となっているのですね。

そういうような理由から、不登校者やひきこもり者に対する外部からの支援は正当性をもった行為となります。

現代的な家庭環境は、外部からの彼らへの積極的な支援を必要としている・・と言えるでしょうね。